メイクレクチャー

【ベースメイクの基本】つけ方・順番・基本アイテム総まとめ!

 

 

皆様はどのように“ベースメイク”を仕上げていますか?

どこからつけるかわからない・どの順番でつけるのが正しいのかを知りたい!と、多くの質問を店頭でいただきます。

ほとんどの方がメイクの順番やつけ方を習うことがないので、特にメイク初心者の方は迷ってしまいますよね。

 

今回は、ベースメイクの基本アイテム・使う順番をご紹介いたします♡

 

 



ベースを仕上げる基本アイテム

 

肌悩み・仕上がりの好み・肌質により、使うアイテム数は人によってマチマチ。その中でもベースメイクの基本行程で使う方が多いアイテムはコチラ。

 

基本アイテム

✓化粧下地(ベース)

✓ファンデーション

✓フェイスパウダー

✓チーク

 

基本的にはこの4つがあれば、フォーマルなベースメイクが仕上がります。

もっとカバーしたい!透明感を高めたい!など、使っていくうちに加えていきたいのがコチラのアイテム達。

 

+αアイテム

✓部分用下地

✓コントロールカラー

✓コンシーラー

✓ハイライト

 

 

これらは“絶対に使わないと綺麗に仕上がらない”というアイテムではなく、「もっとこう仕上げたい!」という“なりたい仕上がりに近づけてくれる”アイテム達。

自分の仕上げたい肌のイメージに合わせて組み合わせてあげると、より綺麗な肌に仕上がります。

 

ベースメイクのつける順番

 

 

ここからはベースメイクのつける順番・つけるポイントをまとめていきます♡

正しい順番で使用することで、よりベースの仕上がりが綺麗になります。ご自身の使い方が合っているかを、チェックしながらご覧くださいね♡

 

 

STEP①:部分用下地

 

 

持っている方は、“部分用下地”を1番初めにつけてください。様々なタイプが発売されていますが、【テカリ。凹凸補正】タイプが主流。

皮膚に近い方が効果を発揮しやすいため、全体のベースの前に使うものが多い。

 

つけるポイント

少量ずつ指にとり、気になる部分に“刷り込む”ようにつけると長時間効果を発揮しやすい◎

 

STEP②:化粧下地(顔全体用)

 

 

続いては、化粧下地を満遍なく広げていきます。部分用下地を持っていない方は、ここからスタート。

色付き・透明・保湿・テカリ防止など、効果や種類は様々。

肌とファンデーションを密着させる役割も担っているので、ケチらずに推奨量を、頬中央からフェイスライン沿いに向かってなじませてください。

 

つけるポイント

ここでムラになると、ベース全体の仕上がりに響く。なので、のばしたら“スポンジ”叩き込むように馴染ませると◎

 

 

 

基本的にはファンデーションとベースは、同じメーカーで揃えるのがおすすめ。

ベースとファンデーションの相性を考えて作られているので、仕上がりが綺麗で持ちも良い。

 

STEP③:コントロールカラー(部分用)

 

 

最近使っている方が増えているのが、“コントロールカラー”

チップ状のポイント使いするタイプはここで使用するのが基本♪

ベースで隠せなかった“色ムラ”などを、ファンデーションの前に隠しておきます。気になる部分にのみ、重ねてあげてください。

 

【肌色補正】コントロールカラー:ピンク おすすめアイテムまとめ♡

続きを見る

 



STEP④:ファンデーション

 

 

ここまで重ねてから、ファンデーションを使っていきます。(化粧下地が不要なタイプは下地を抜いた順番で重ねてください)

使い方の基本は、頬の中心にカバー力を出す塗り方。

ビューティーゾーンと呼ばれる、目の下~頬の三角形ゾーンが綺麗だと、顔全体が綺麗に見えると言われています。

頬中央にファンデをのせて、フェイスライン沿いに薄くのばしていきます。満遍なくのせると厚ぼったい印象になるため、伸ばしたか・量のつけすぎには注意

 

 

 

ワンポイント

ファンデーションの種類によって使うツールは様々ですが、リキッド系は最後にスポンジで叩き込むのがポイント!余分なファンデが吸収され、簡単に均一な仕上がりに♡

 

 

 

【ベースメイク基礎】ファンデーションの種類&選び方

続きを見る

 

STEP⑤:コンシーラー

 

 

ファンデーションで隠せなかった部分を、コンシーラーでカバーしていきます。

ここで乗せすぎてしまうと、化粧が濃く見えたり・くずれた時に汚く見えたりするので、あくまで少量ずつ重ねるのがポイント。

つけ方・馴染ませ方に、慣れとテクニックが必要になるので、ベースメイクの中では1番使うのが難しいアイテム。

 

 

 

リキッドやクリームタイプであれば、ファンデーション→コンシーラーの順ですが、パウダーファンデに関しては“コンシーラー→パウダーファンデ”の順番。

粉の上からコンシーラーを重ねると、固まって綺麗に仕上がらないため、先にコンシーラーでカバーしてからパウダーを重ねます。

 

STEP⑥:フェイスパウダー

 

 

コンシーラーまで重ねてから、仕上げのパウダーをのせていきます。

プレスト・ルースと形状関係なく、ベースメイクの最後の仕上げに使っていきます。

 

 

鼻やおでこなどの皮脂の出やすいTゾーンからのせ、頬→フェイスラインの順番にすべらせていきます。

 

使うポイント

ツヤ肌に仕上げたい方・乾燥しやすい季節は、パウダーを使わずに仕上げてもOK♪脂性肌で崩れやすい方は、使用した方が持ちが良いです◎

 

 

練り状・リキッド状のチークやハイライトをのせる場合は、チーク&ハイライト→パウダーの順が綺麗♡

上から軽く粉を重ねる方が、持ちが良くなります♪

 

 

STEP⑦:チーク・ハイライト・シェーディング

 

 

フェイスパウダーで肌を整えてから、チークやハイライトを重ねて仕上げていきます。

フェイスパウダーを使わずにベースを仕上げる場合は、ファンデーション→チーク・ハイライトの順番で重ねてください◎

 

 



まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?♡

ぜひ順番に沿って、ベースメイクを綺麗に仕上げてくださいね♡

 



  • この記事を書いた人

miku

現役美容部員&美容ライター    【miku】 筋金入りの美容オタク! 大学卒業後、新卒で国内メーカーに就職。 美容部員として店頭勤務をスタート。 より多くの方にフェアな立場から情報発信したいと思い、美容ライターに転職。 プロとしての視点から、コスメ・スキンケア情報をシェアしていきます♡ 〜保有資格〜 ・コスメコンシェルジュ ・化粧品成分上級スペシャリスト 〜パーソナルカラー〜 1st:ブルベ夏 2nd:イエベ春 〜好きなブランド〜 デパコス&プチプラLover 〜ブログ歴〜 アメブロにて2018年〜スタート 月間約40万PV達成

-メイクレクチャー

Copyright© 美容ライターmikuの“BeautyCollege” , 2020 All Rights Reserved.