メイクレクチャー

【保存版】ファンデーションの種類と選び方

 

 

 

“肌がきれいなら、女は無敵”というCMがあったように、肌の美しさ人から受ける印象に大きく関わります。

 

もちろん素肌を綺麗に保つのが重要ではありますが、美肌をつくるために必須になるのが“ファンデーション”

各メーカーによって色々な種類が販売され、仕上がりも様々。

実際、「どのタイプのファンデーションがいいかわからない」、「肌に合わせたいけど、なにが違うのかわからない」という方は非常に多くいらっしゃいます。

 

カバー力の好みに合わせても良し、“ツヤorマット”と仕上がりの好みで選ぶのも正解です♡

ですが、それぞれの特性を理解していた方が扱いやすくもなりますので、基本的な“ファンデーションの特徴”はぜひ理解しておきましょう♡

 

今回は、現役美容部員miku直伝!ファンデーションの種類と選び方についてご紹介致します♡

 

 

 

 

▷ファンデーションの種類

 

 

粉・水・油配合バランスにより、種類が分かれる。同じファンデーションタイプでも、仕上がりはブランドや製品によって異なります。

 

Ⅰ,パウダーファンデーション

 

 

 

粉:油=9:1

(ここでの“油”は、粉を固めるための役割。)

 

ナチュラルメイク派の強い味方<パウダーファンデーション>

リキッドファンデーションと違い、毛穴を埋めずに表面にふわっとのる性質。そのため、カバー力がナチュラルで柔らかいセミマットな仕上がりが主流。

 

定番で配合される粉体は、

・窒化ホウ素

・酸化チタン

・タルク

・酸化亜鉛

・シリカ

 

特に酸化亜鉛とシリカは<油分を吸着>・<ベタつきを抑える>効果が高いので、脂性肌・ニキビ肌に効果的。

 

使用するツールにより、カバー力や仕上がりが異なります。

 

スポンジ

カバー力・・・高め

使いやすさ・・・

パウダーファンデーション定番の相棒“スポンジ”。ピタッと密着力が高く、カバー力が高くなりやすい。

ダマになったり、ムラになったりするので、若干初心者の方には扱いづらいかも。

 

ブラシ

カバー力・・・低め

使いやすさ・・・

パウダーファンデーション×ブラシは非常に使いやすいです◎

特に、ムラになる・厚ぼったい仕上がりになる。という方にぜひ試してみてほしい。ブラシにファンデーションをとってクルクル馴染ませるだけで綺麗な仕上がりに♪

 

 

 

 

 

Ⅱ,リキッドファンデーション

 

 

リキッドタイプは大きくわけて2つの種類に分かれます。

同じリキッドタイプでも、適する肌質や仕上がりが異なるので、選びたいファンデーションの性質をチェックしてみてください♡

 

・サラサラタイプ(O/Wタイプ)

 

 

粉:油:水=1:2:7

水が1番多く含まれているファンデーション。軽い質感で、伸びが良い。

速乾性が高く、高密着タイプはこの配合。サラサラ・マットに仕上がる製品が多いので、夏場や脂性肌の方におすすめ。

 

こんなファンデーション

エスティーローダー:ダブルウェア

シュウウエムラ:アンリミテッドラスティングフルイド

CHANEL:レベージュオードュタン

 

 

 

・しっとりタイプ(W/Oタイプ)

 

 

粉:油:水=2:4:4

油分の割合が高くなっているリキッドファンデーション。こってりテクスチャで艶っぽく仕上がる製品が多い。

日中油分で肌をコーティング出来るので、乾燥肌の方に向いています。オイルリッチでなめらかな質感のリキッドはこのタイプ。

 

こんなファンデーション

mimc:ミネラルリキッドリーファンデーション

NARS:シア―グローファンデーション

エクセル:スキンティントセラム

 

 

 

 

Ⅲ,クリームファンデーション

 

 

クリームタイプもオイルと水の配合バランスで大きく2つの種類に分かれます。

 

軽めのタイプ

粉 油 水 =2:2:6

水の割合が増えて、ほぼさらさらリキッドと同じような構造。あまり多くはないですが、ジェルクリームなどがこの構造。

クリームでないと乾燥するけど、軽い使用感が好みの方にオススメ。

 

こんなファンデーション

RMK:ジェルクリーミィファンデーション

 

 

 

 

 

こっくりタイプ

粉 油 水 = 2:4:4

基本クリームファンデーションは、こちらの配合バランスが主流。ピタッと肌表面に油分の膜を形成し、日中の乾燥から肌を守ってくれます

しっとりタイプのリキッドと同じ配合バランスですが、使われるオイルの種類が異なります。クリームファンデーションの方が、エモリエント効果・保護膜形成効果が高いものが多いです。

 

こんなファンデーション

SUQQU:エクストラリッチグロウクリームファンデーション

RMK:クリーミィファンデーション

 

 

 

 

 

Ⅳ,エマルジョン

 

粉:油 = 5:5

全く水を含まず、油分配合が一番多いタイプ。

クリームを固めたような練り状。ピタッと肌に密着し、表面を油分でしっかりコーティング。皮むけしやすい・極度に乾燥する方に向いています。

水の軽さ・透け感がない分、色味がハッキリつき、カバー力が高いのが特徴。少量で色ムラなどを補正してくれます。

酸化しやすい脂性肌の方は、ニキビを誘発しやすいので注意。

 

こんなファンデ―ション

アンプリチュード:トランスルーセントエマルジョン

IPSA:フアウンデイションアルティメイト

 

 

 

 

 

 

肌質に合わせて選ぶ

 

自分の肌に合うファンデーションが欲しい!という方は、肌質に合わせて選んであげてください。鼻は皆様テカるので、頬の部分が“乾燥”しているか、“ベタつき”があるので判断してくださいね。

 

 

▷乾燥肌

 

乾燥肌

リキッド(W/Oタイプ)

クリームファンデーション

エマルジョン

 

特に乾燥肌の方は、日中も皮脂を分泌する力が弱いため、乾燥感・くすみが出やすい。そのため、油分のコーティングが出来るようなリキッド・エマルジョンタイプがオススメです。

 

 

 

 

 

 

▷脂性肌

 

脂性肌

パウダー

リキッド(O/Wタイプ)

 

とにかく日中顔全体のテカリ・崩れに困る脂性肌さんには、パウダーとリキッド(O/Wタイプ)がオススメ。

特にパウダーは、粉自体が皮脂を吸着してくれるのでサラサラ感が持続しやすい。

また、酸化影響によりニキビを誘発しやすい。そのため、“ノンコメド処方”(ニキビになりにくい処方)が施されている製品を選ぶとさらに良し◎

 

 

 

 

 

 

仕上がりの好みに合わせて選ぶ

 

仕上がりの好みで選ぶときも、ファンデーションタイプが主軸になります。製品とカラーによって差が出るので、実際触ってみるのが最も分かりやすいです◎

可能であれば、店頭で試してみてくださいね♡

 

 

▷カバー力

 

✓ナチュラル

パウダー

リキッド(製品による)

クリーム(製品による)

 

✓ハイカバー

エマルジョン

リキッド(製品による)

クリーム(製品による)

 

カバー力に関しては、パウダーはナチュラルエマルジョンはハイカバー が基本。リキッドとクリームは製品によって、透け感やカバー力が異なる印象。

 

 

 

 

 

▷質感(ツヤ/マット)

 

✓ツヤ

エマルジョン

リキッド(W/Oタイプ)

クリーム(W/Oタイプ)

 

✓マット

パウダー

リキッド(O/Wタイプ)

 

質感の違いは、油分の配合バランスが大きく関係します。オイルリッチな製品の方が、オイルのツヤが綺麗にでて日中もツヤ肌に。水の配合が多く油分が少ないと、サラッとマットに仕上がりやすい。

 

ファンデーションはサラッと仕上げて、ハイライトでツヤ足いをするのも◎

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?♡

それぞれ種類によって、仕上がりや特性が異なります。ポイントを掴みながら、選んでみてくださいね♡

 



  • この記事を書いた人

miku

現役美容部員&美容ライター    【miku】 筋金入りの美容オタク! 大学卒業後、新卒で国内メーカーに就職。 美容部員として店頭勤務をスタート。 より多くの方にフェアな立場から情報発信したいと思い、美容ライターに転職。 プロとしての視点から、コスメ・スキンケア情報をシェアしていきます♡ 〜保有資格〜 ・コスメコンシェルジュ ・化粧品成分上級スペシャリスト 〜パーソナルカラー〜 1st:ブルベ夏 2nd:イエベ春 〜好きなブランド〜 デパコス&プチプラLover 〜ブログ歴〜 アメブロにて2018年〜スタート 月間約40万PV達成

-メイクレクチャー
-, , , , ,

Copyright© 美容ライターmikuの“BeautyCollege” , 2020 All Rights Reserved.