メイクレクチャー

チークレクチャー【種類・選び方・付け方・付ける位置】

 

 

 

顔色を明るくみせる、重要メイクアイテム“チーク”

今や市場には多くのブランドから様々な種類が販売されています。それぞれの特徴やつけ方をマスターできると、仕上がりが格段に綺麗になります。

 

今回は、【チークの種類&特徴】についてまとめていきます。

 

♡この記事は、【現役美容部員miku】が執筆しています♡

 

 

▷チークの役割

 

役割

✓血色感を与える

顔に立体感を与える

余白を埋めて小顔効果

 

1番の役割は“頬に血色感を与えること”

血色感がないと、不健康に見えたり、余白が増えて顔が大きくみえることも。元の肌の色と血色感に合わせて、自然に馴染むカラーを選んであげてください。

オレンジ系やブラウン系チークを使うと、小顔効果絶大です。

 

 

▷付ける位置

 

頬の広い範囲に入れるチークは、「どこに入れるか」「どのように入れるか」で顔の印象を左右します。

骨格の見え方や雰囲気を大きく変えるので、なんとなく。で入れるのは勿体ない!

顔立ちやなりたいイメージに合わせて、付け方を工夫してみてくださいね♡

 

~顔の形に合わせる~

 

丸顔→縦ラインを意識して、縦長に細く入れる

面長→横ラインを意識して、横長に丸く入れる

 

 

それぞれ強調されている方向(丸顔なら横・面長なら縦)を消すようにのせていくのがポイント。

 

 

“丸顔”の方は、頬に厚みがあり<横の長さ>が強調されている傾向。なので、理想的なたまご型に近づけるためには、頬骨に沿って縦長にいれるのがポイント。

可愛らしさを強調したい時は、丸く頬中央にのせる。

 

 

 

 

“面長”の方は、顔が立てに長く余白が上下に目立つため<縦の長さ>が強調されている。より小顔にみせていくには、頬中央に丸く横長にチークをいれて、余白を消すのがポイント。

縦長にいれると、よりシャープな印象に。

 

~なりたい印象に合わせる~

 

可愛い→頬の中心に丸くいれる

クール→頬の外側から縦長に入れる

 

 

 

可愛らしい顔立ちは、遠心×横長が基本。丸みを持たせるため、頬の中心に丸くチークをいれる。

色味は肌色になじむ“ピンク系”をセレクトすると、柔らかく可愛らしい雰囲気をプラスできる◎

 

 

 

かっこいい・クールな顔立ちは、求心×縦長が基本。チークでは縦のラインを強調できるように、頬の外側から上に引き上げるようにいれるのがおすすめ。

色味は肌になじむような“オレンジ・ブラウン系”が、雰囲気に合いやすい。

 

 

▷種類と特徴

 

チークといっても、市場には各ブランドから多くの種類が販売されています。

それぞれ“付け方”“仕上がり”が異なりますので、特徴をおさえながら使い分けてみてください♪

 

 

▷パウダータイプ

 

 

特徴

1番ベーシックで主流タイプ

濃淡が付けやすいので、自然に仕上がり使いやすい。パール配合量や粉質によって、仕上がりの質感が異なる。プチプラとデパコスで、仕上がりの“ふんわり感”や“ツヤ感”に差が出やすいアイテム。

手軽に使えるので、初心者さん向け。お直し用にも向いています。

 

粉状なので、汗や皮脂・擦れによって取れやすい。乾燥しやすく皮むけする方には、使いづらい一面も。

 

 

付け方

ブラシに適量とり、肌を磨きあげるようにのせる。つきすぎると不自然なので、粉をブラシによく馴染ませてからのせると◎

 

 

▷クリーム

 

 

特徴

ジュワッと内側から滲み出たような血色感が出せる。ピタッと肌に密着するので、かなり落ちにくい。オイルベースなので、乾燥対策にも。

オイル配合が多いので、ベースはツヤ仕上がり。最近はマット~ツヤまで、質感のバリエーションが豊富。仕上がりの好みに合わせて選べるのも特徴。

 

パウダー状よりも色味がしっかりつくので、つける量には注意。指やスポンジでのせていきますが、先につけたファンデーションがヨレやすいので、ある程度のテクニックが必要。

 

 

付け方

指やスポンジに適量とり、ポンポン叩き込むようにつけていく。ブラシでつけるよりもムラになりやすいので、左右対称につけるように注意する。

 

 

▷リキッドタイプ

 

 

特徴

他2つに比べると、取り扱いブランドは少なめ。練り状タイプ同様、ジュワッと内側から滲み出たような血色感が出せる。みずみずしく軽い質感が多く、サラッと馴染ませやすい。

シアー発色なので素肌に馴染み、濃淡調節もしやすい。

 

密着力が非常に高いので、1度密着するとぼかしづらい

粉タイプのファンデーションと相性が良くないので、使う場合はチークの上から軽くのせる。

 

 

付け方

点置きして、ポンポン叩き込むように馴染ませる。

ムラになると修正しづらいので、量をつけすぎないよう注意。

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか?♡

ぜひメイクの仕上がりの好みに合わせて、チークの種類もセレクトしてみてくださいね♡

 



  • この記事を書いた人

miku

現役美容部員&美容ライター    【miku】 筋金入りの美容オタク! 大学卒業後、新卒で国内メーカーに就職。 美容部員として店頭勤務をスタート。 より多くの方にフェアな立場から情報発信したいと思い、美容ライターに転職。 プロとしての視点から、コスメ・スキンケア情報をシェアしていきます♡ 〜保有資格〜 ・コスメコンシェルジュ ・化粧品成分上級スペシャリスト 〜パーソナルカラー〜 1st:ブルベ夏 2nd:イエベ春 〜好きなブランド〜 デパコス&プチプラLover 〜ブログ歴〜 アメブロにて2018年〜スタート 月間約40万PV達成

-メイクレクチャー
-, ,

Copyright© 美容ライターmikuの“BeautyCollege” , 2020 All Rights Reserved.